アンジェブラン・優しい光に包まれて笑顔、感動、感謝にあふれたふたりだげのウエディング

挙式

長田 雄希様・野川 円芳様

YUKI & MADOKA

挙式日/2012年12月16日  パーティ会場/鳳凰  出席者/約211名様

北川村ゆず王国のゆずサイダーで乾杯!
入場前にヴェールボーイと一緒に キャンドルサービス 娘から父へ「ありがとう」の想いを込めて ご両親と笑顔で退場

アンジェブランに決めた理由

初めて行ったフェアで、結婚式について何も知らなかった私たちに、1つ1つ丁寧に教えていただけたこと、また明るくテキパキと対応していただけたことが1番の理由です。  
また、私たちは神前式をしたいという希望があったので、神殿も実際に見せていただき、立派な神殿を見て“いいかも!!”と感じました。

成約した後に、会場がリニューアルするという話を聞き、実際にとてもきれいな会場で披露宴をすることができて本当に良かったです。

お二人からのメッセージ

とても明るく、疑問に思ったことなどもすぐに対応して丁寧に教えて頂け、とっても頼りになりました。
打合せでも結婚式以外の話で盛り上がったりと話題の豊富さに私たちもとっても楽しませてもらいました。
また、引菓子用のラッピングのことや、二次会のこと等、式以外での細やかなこともすぐに教えていただくことができ、“困った時の神頼み”的な存在で心強かったです。  
当日に、母の留袖が間違っていたというハプニングもありましたが、40分近くかかる実家までわざわざ自らが届けに来てくださった姿に両親も「プライドを持って仕事しゆう人は違う!」と大絶賛してました。本当にありがとうございました。

実際挙げられての感想、良かった点

「こうしたい!」という希望やわがままを、何とかして…と懸命に対応して下さった久保さんに感謝の気持ちでいっぱいです!!
おかげ様で、所々に“自分たちらしさ”が光る結婚式が出来たと思います。  
成約して10ヶ月という長期間でしたが、あせることなくスムーズに準備が出来て本当に良かったです。
毎回式場へ足を運ぶのがとても楽しみで、もうそれがなくなると思うとそれだけが残念ですが、とても満足できる結婚式になりました。 ありがとうございました!!

担当プランナーよりメッセージ

◎担当プランナー 久保より
雄希さん、円芳さん この度は本当におめでとうございました!
おふたりと私の出会い…というより、おふたりとアンジェブランの出会いが運命でしたよね!
円芳さんが幼少の頃行かれたご親戚のご披露宴。
そしてその時に撮った神殿の前でのお写真「大きくなったらここで結婚式をしたいな~」 と思った場所。それが偶然にも会場見学でお越し頂いたアンジェブランだった。というお話はアンジェブランにお決め頂いた後でお聞かせ頂いたんですが、聞いた瞬間鳥肌がたちました!!
アンジェブランの神殿は縁の神様で有名な出雲大社総本院より直接御分霊頂いたもの。
円芳さんが幼い頃に願った想いが縁の神様によってアンジェブランとおふたりを結んでくれたのかもしれませんね。
そして、もう1つ円芳さんが思い描いていた花嫁像として「ご実家からお支度をして会場に向かう」というものがありましたね。
最初にそのお話をお伺いした時、とても素敵なことだと思い、是非叶えて頂きたい!と思いました。
最近でこそ、当日ご実家からお支度をして嫁ぐということは少なくなりましたが、円芳さんのおかげで時を経ても変わらない日本の良き風習を見ることが出来本当に嬉しく思います。
また、その際に生じたハプニング…本当に申し訳ございませんでした。 ハプニングが起こったにも関わらずご実家にお伺いした時、私を笑顔で迎えて下さった野川家の皆様の大きな心に救われました。
本当にありがとうございました!!
そして…打合せでは披露宴と関係無い話でついつい盛り上がってしまいすみませんでした 私もおふたりと会えなくなるのはとても寂しいので是非またアンジェブランに遊びに来て下さい。
その時はまた楽しいお話聞かせて下さいね♪